« 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【09/07/2011】 | トップページ | 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【11/07/2011】 »

2011年7月21日 (木)

欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【10/07/2011】

110710


※文中フランス語表記をアルファベットに置き換えている個所があります。

昨日とほぼ同じメニューのバイキング式朝食を戴く。
正直使い廻しではないかと思ったりするが何種類かある乳製品とかパテとかパンとか
昨日食べなかったメニューを食すのでヨシとする。

■ NANTES 10:03 TER58313 RENNES 11:51
ZABD 9607…SNCF

11071001

画像は反対側ホームに停まっていた新型車両。
当方が乗車したのはいわゆる「ゲンコツ」型機関車に似たいで立ちの2両編成車両2編成連結。

24h券があるのでまだまだ市内バスなどの乗車機会もあるのだが、さすがに歳のせいか疲れて乗車意欲も湧かず。
国鉄でレンヌへ向かう、おっと、昨日買った切符…billet(ビェ)に打刻しなければ。
例によって発車15分くらいまで乗車番線が非表示、もっとも駅の様子をよく見れば鉄ヲタならだいたい何番線からどこ行きの列車が出るかくらいわかりそうなものだが。
発車番線発表!乗客が一斉に階段へ殺到する。
TGV発着ホームと駅舎出入口にはスロープが地下コンコースに延びているが、地域列車(TER…テーウーエル)ホームにはない。エレベーターもない。
よって、池袋駅に続き荷物を持って階段を上らないと。トホホ。
旧式な車輌で2×2の4両編成。編成間の通り抜け不可。
お客さんが比較的少ない階段から一番はずれた2等車に乗り込む。
一応1等と2等の合造車。短時間なので2等にしておいた。ノリホは4割くらいか。先頭側はもっと混んでいると思う。

11071002

優先席付近では電源オフ。そういえばほとんどの人はスマートフォン利用で、昔ながらの携帯電話をもっている人はあまり見かけなかった。あと車内で電話していたら「うるせーよ」みたいに注意していた人もいたが小声なら特にお咎めなしだったな。あと自転車ステッカーは何なんだ?

てっきり各駅停車だと思っていたが、小駅は通過する。スピードも結構出ている、130km/hくらいだしているのか?
そのくせ片側窓が開く(客室側に上部引戸が開く)のでさわやか、涼しい。
途中Ledonで10分ほど停車、進行方向が逆となる。日曜日のため、教会ではミサをやっている。
レンヌに近づいてきたら大きな自動車工場が。搬出に貨物鉄道も使っているようで貨車がたくさん。
peugeot citroen(プジョー・シトロエン)のレンヌ工場。久しぶりに大きな街が近づいてきた。定刻通りレンヌ到着。


■ rennes 12:55頃 Keorisバス MSM 14:10頃
AG-468-WV…Keolis(MSMバス)

11071003

ナント市に比べると賑やかなレンヌ駅前。1路線ながら地下鉄も運行されている模様。
市内バスのみでなく近距離バスも乗ろうと。では、世界遺産モン・サン・ミシェルにでも行ってみようか。
野郎ひとり旅で行くような場所でもないけれどせっかくだからね。
さて、バス乗り場は駅北口を出て右手の観光案内所脇からだということであったがその観光案内所がどこかよくわからず、古いデータだと横断歩道を渡った反対側の通りの角を曲がったところといった標記もあったりでまごつく。右往左往していると何と、件のモンサンミシェル行きバスが出発していったではないですか!
アレ? 定刻11:30の一本前のバスか、30分以上遅れているが、TGV連絡便なので、もしかしたらパリからのTGVが遅れていたのかも知らん。まあいいや、出没していた方向に向かえばバス停があるのだろう。あった。
観光案内所の脇というか、裏手に当たるのね。なお、観光案内所は日曜のためお休み。
さすが労優F(労働者に優しいフランス)。ミサとかへの参加配慮とかか。小生が乗るバスは定刻にやってきた。
前乗り前払い、事前情報では確か10.8ユーロとなっていたが、車内表示では11.7ユーロ、若干値上げ?
運賃収受に多少手間取り、5分ほど遅れて出発。でも一本前の便よりは空いているからいいや。
市街を抜け、ロータリー式交差点を何カ所か通過し、郊外の酪農地帯へ。馬、牛、いろいろいますな。
高速道路を走るのかと思いきや、珠洲道路レベルの改良された幹線道路を行く。
所定では1時間30分となっているが、1時間15分ほどで到着。

本日の宿泊は、オムレツ焼レストランで有名らしいラ・メール・プラール ホテル。
Hotel de la Meare Poulard
チェックインは15時からだが部屋はもう空いているということでアーリーチェックイン。
ここがまた4階でエレベーターがないので重い荷物を持って行く。
しかもフランス式の階数表示なので、4階といっても日本式では5階に相当。トホホ。
あと鍵を受け取ったときに鍵に部屋番号の他にもう一つ5ケタ数字+記号表示があって、
説明を受けたけれど何の数字なのか全くわからなかった。何だったのだろう。
(門限が21:30で施錠時に解錠するための暗証番号らしいのだが使わなかった。)
部屋は眺めがよくて最高ですよ。高い金払ってでも来た価値はあった。

11071004

まだ時間が早いので。いざ島内探検。

11071005

キティグッズなどが売っている、まるで竹下通りのような商店街を抜け、階段をひいコラ登って入口へ。
入場料9ユーロ。順に登っていく。

11071006

11071007

11071008

11071009

11071010

11071011

11071012

狭くて歩けない…

お〜なかなかすごいですね、これぞ世界遺産。
まあ詳細はあちらこちらのサイトにUPされていますので興味があったらそちらをご覧下さい。

一通り廻ったので、ホテルの向かいのBARで昼呑み<またか。
北フランスということで、ワインよりおすすめなシードル(りんご発泡酒)とビール(ハイネケン)。

11071013

干潮シーズンということで酔い醒ましに行けるところまで干潟を歩いてみる。
一旦部屋に戻る。一休みしてレストランへ。オムレツ屋なのでオムレツを含むコース料理を。
コース料理といっても前菜に朝バイキングで食したパテみたいのとかですけどね。パンはフランスパン、旨い。

11071014

食後また一回り。ようやく夕闇せまってきました。おやすみなさい。zzz。

|

« 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【09/07/2011】 | トップページ | 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【11/07/2011】 »