« 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【08/07/2011】 | トップページ | 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【10/07/2011】 »

2011年7月21日 (木)

欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【09/07/2011】

  110709

※文中フランス語表記をアルファベットに置き換えている個所があります。

おはよう。
アレ? TGV30周年記念塗装のTGVが停まっている。
1編成走っているとは聞いていたがまさか目の前に現れるとは。あとで見に行ってみよう。

朝食はホテルブッフェ。
日本の洋食バイキングと比べて、パテとかあったり、チーズもの、果物類が充実している一方、生野菜が少ないなあ。

LRT、BRTも気になるところだがまず明日のレンヌまでのチケット購入のため国鉄ナント駅へ。レンヌ駅、コインロッカーは出口の国鉄駅側にあります。
きっぷ買うのにかなり並ぶとの前評判どおり結構並んでいる人がいるが、思っていたよりスムーズ。パリ市内駅ではそうもいかないのだろうが。
23.5ユーロ。1時間40分程度乗車する特急列車としてはたとえば新潟~直江津と比較してまあ安い方か。

11070902

いよいよ気になるTGVの方へ向かってみる。公開は10時からということで時間までぶらり。日本と違い、有人駅でも無料で入場できるのはいいね。

11070905

おっ、運転台公開もあるのか、地元親子連れのあとに並んで待つ。その間係員に氏名、生年月日、住所など書けと言われる。
フランス語よくわからないので英語で理由を尋ねたらフランス国鉄サイトに画像が掲載されるからその承諾書だとか何とか言っているようだ、帰国後探してみると確かに怪しい東洋人画像が…(※ リンク先サイトはポップアップで音声が流れます、注意。)

11070901

運転台へ。思っていたより狭くて、いかにも機関車といった感じの臭いが。親子連れへの説明を聞いていたが、操作方法とかフランス語なのでよくわからないがそれなりに楽しめ
た。
力行はハンドルを右廻しにするんですね、おもしろい。速度計が自動車のようなアナログ式で310km/hまで表示されているのも興味深いです、ある意味機関車らしい無骨さというか。

11070903

客車の公開もあり、博物館の展示もののような装飾が施されていました。

11070906

まあアレだね。知っている人は知っている、アメリカントレインのノリだね。
ならオリエント急行のノリでTGVも日本にも来てほしいものだ。
さすがに車幅とか違うから単純にそうこうせよとは行かないだろうが。

11070904

連節台車なのね。

11070807

TGV30ANS記念ラッピングデザインHOゲージ。

クイズもあって、回答すると何か貰えるようだけれどフランス語の質問がよくわからないので応募はパス。思いがけず楽しいひとときを過ごせました。

さて、ナント市公共交通乗車体験の方へ。今回の旅の目的第3位ですよ!

1位 成田「さわらや」で呑んだくれ
2位 特典航空券初の海外遠征、ロザで(グリーン車・ビジネスクラス・クラスC)。
3位 観光局のサイト見ても中国語バージョンはあるが日本語バージョンはない日本の某市の姉妹都市・ナント市先進公共交通体験

自動券売機で一日乗車券を買うか、4.2ユーロ。

11070907

…小銭がない。駅の売店で商品を購入して釣り銭で小銭を揃える。紙幣が使えない(お釣りが出ない)ので不便ですな。クレジットカード挿してみたものの使用法が今一つ判別とせず。

そうこうするうちに公共交通原理主義LRT派垂涎のナントLRT群が。

11070911

こちらは旧型。

11070912

こちらが新型。

国鉄駅前の1系統スタートでもいいのだがせっかくなのでBRT始発駅(?)から行ってみますか、国鉄駅より歩いてみる。1KM弱か。

11070913

道中なぜか日本語の描かれた絵画が。正岡子規?
スタニスラス・ボドリー通り(Rue Stanislas Baudry)



11070914

なんか教会。

11070915

■ Foch-Cathédrale semitan4系統 Porte de Vertou
969BYZ44…tan4系統707(11:17)

というわけで、ナント市LRT乗りつぶしのつもりでしたが、TGV記念列車乗車に時間をとられて時間もおしているので、気になるエリアをちょい乗りしてみます。


11070916

まず、BRT(Bus Rapid Transit…乗合自動車快速輸送?)システムによる運行を行っている4系統へ。

11070917

バス専用路線(一部一般車線併用)、連節バスと、理想的な輸送システムですな。
詳しくはこちらへ→ 
http://en.wikipedia.org/wiki/Nantes_BusWay 
…あんまり詳しくないな(汗)25,000人も利用者いるのかな?
今日は土曜だから少ないのでしょうけれど。

電車同様、バスも乗車時に打刻機にチケットを通す必要があります。
24時間券などの回数乗車券は最初の1回通せば、あとは運転手氏に提示すればOK
LRTは一度通しておけば提示不要。車内改札は一度も来なかった。

11070918

これが車内だ~。まあ神奈中みたいなものだ~(違)

広い国土故? ロータリー式交差点が各所にある。基本的にロータリー内が優先、ぐるぐる廻って目が廻る? 信号を設置しなくてよいので渋滞緩和に効果。

11070919

パークアンドライド。何カ所か設置されている。こちらも土曜日とあってか閑散。



■ Porte de Vertou semitan4系統 Duchesse Anne - Chateau des Ducs de Bretagne
535BYM44…tan4系統717(11:54)

一本落として中心部へ折り返す。車輌はチョット先に転回場みたいのがあってぐるっと一周。


■ Commerce semitan3系統 Beauséjour
R2 351…tan3系統25(12:40)


う~、LRT,LRT。そんなわけでLRTにも乗ってみよう、一駅分歩いて3系統北行きだ。
おっ、何かバスとの乗り換えミニターミナルみたいな駅がある、思わず飛び降りる。

 
■ Beauséjour semitan80系統 Orvault-Grand Val
952A・YK44…tan80系統(12:57)


これ幸い、2系統の北側起点近くが終点となる80系統なるバスが間もなく発車、飛び乗る。
お客さんは余り多くない、郊外の病院やショッピングセンター近くを通る、起伏もある郊外ローカル路線の装い、再び郊外ショッピングセンターが見えてきたら2系統線路も見えてきた。下車。



■ Orvault-Grand Val semitan2系統 Place du Cirque
M2 321…tan2系統24(13:27)

中心部近くに戻り下車。ブルターニュ大公城があるので、チョット覗いてみますか。

11070920

11070921

11070922

ついつい乗り物メインに…(汗)
類似は姉妹都市の新潟より熊本の方が近いような…

11070923

ブルターニュ公爵城(Château des Ducs de Bretagne)。
「ナントの勅令」という、名前だけ聞いたことのある勅令が出た場所。
(1598年、カトリック教徒以外の教徒に信仰の自由、権利を与え宗教戦争が終結)

そのリンクにもあったような、パッサージュ・ポムレ(Passage Pommeraye)も歩いてみる。

11070925

腹が減ったがレストランで何を注文したらよいかわからないのでbarでビールをぐびぐび<ぉぃ

酔い覚ましに散歩。魚臭いな。おっ、なんか市が立っている。
午前中メインなのかそろそろ後片付けを始めている店も。

11070926

11070928


11070927

ちゃんと汐噴いているょ(汗)

更に歩くと巨大ゾウの乗り物が。乗ってみたかったけれど運行(?)時間が合わないのでパス。
もう一軒、barで昼呑み。まあおやつ替わりだ。

おっ、"Sex Shop"。何が売っているんだ?

※音声注意 "enjoy" with ありがちなmusic 

■ Chantiers Navals semitan1系統 Gare SNCF Nord
M2 331…tan1系統(15:57)

そんなこんなで一旦宿に戻る。


■ Gare SNCF Nord semitan1系統 Médiathèque
R 332…tan1系統(16:39)

夕食をPlanet Sushi ナント中央店でいただく。
寿司バー。早くも日本食が恋しくなったか?
デリバリーサービスもやっているようだ、ある意味日本の宅配ピザに近い?
昨年ドイツで製造を開始した(?)一番搾りを呑む。こちらのレギュラー缶は33cl(330ml)なのね。
yakitori頼んでウナギ串焼きなどが出てきたのは既報。
串に刺して焼いてあるものはこの地的にはなんでも"yakitori"なんだろうか。


■ Commerce semitan1系統 Gare SNCF Nord
2 381…tan1系統26(19:34)

ということで8交通機関乗車して4.2ユーロとリーズナブルに楽しめました。

|

« 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【08/07/2011】 | トップページ | 欧州仏蘭西NHロザタダ乗り旅/TGV30周年etc【10/07/2011】 »